ストレートネック改善ラボ

不調の根本原因?「ストレートネック」を改善するには

TOP » ストレートネックの治し方にまつわるウソ・ホント » 整体・矯正枕

整体・矯正枕

整体枕や矯正枕がストレートネックに作用する仕組みや期待できる効果を調査しました。自宅でできるバスタオル首枕の作り方とストレッチ法もご紹介します。

ストレートネックに効果的?整体・矯正枕まとめ

整体枕や矯正枕は、睡眠時の正しい姿勢を作ることを目的とした枕です。市販では様々な商品が販売されていますが、基本的には首を正しく支えて理想の寝姿勢を導くために計算されており、肌触りやフィット感もこだわり抜かれているものが多く、機能や構造が高度になっています。

普通の枕はそこまで構造に重きを置いておらず、首のカーブを過度に固定してしまうため、頸部を圧迫して循環が悪くなってしまいます。

一方、整体枕や矯正枕は、実際に整体師が考案したもの、臨床試験を繰り返されたものが多く、データに基づいて作られているので、普通の枕を使うよりも期待できる効果は高いと言えます。

実際に、整体枕や矯正枕を使った人の口コミでは、「朝すっきり起きられるようになった」・「肩こりが楽になった」・「いびきがなくなった」・「疲れがたまりにくくなった」というコメントも多く、効果を実感している人も多いようです。

価格は5,000円~10,000円くらいと普通の枕に比べると若干割高ですが、治療院に通わず自宅でケアできるのが魅力。ただし、寝るだけでストレートネックが治るわけではなく、あくまで現状維持や姿勢の悪化を防げるものとなっています。

整体・矯正枕の商品例

番外・自作のバスタオル首枕

整体枕や矯正枕が良いと聞いても半信半疑の人もいるでしょう。そのような人は、まず自作のバスタオル首枕を作って枕を替えるとどんな違いがあるのか、体感してみることをおすすめします。バスタオル首枕は整体枕や矯正枕ほどの効果は期待できませんが、普通の枕を使うよりも首の負担が軽くなるのでお試しには最適です。

バスタオル枕の作り方

  1. バスタオルを広げて長い辺を半分に畳みます
  2. さらに長い辺を半分に畳みます。
  3. 短い辺を持ち、くるくると丸めていきます。
  4. タオル枕を首の後ろに挟むようにして寝ます。
  5. 隙間ができず首が自然なカーブを描いていたら完成です。

これでバスタオル首枕ができます。低すぎる場合はもう1枚タオルを重ねても大丈夫です。このタオルを使ったストレッチは首の痛み緩和に効果的です。

スタオルストレッチ方法

  1. バスタオル枕を首の後ろに置いて寝ます。
  2. ひざをゆっくり曲げていきます。
  3. 両ひざを揃え、左右どちらかに脚をゆっくり倒します。
  4. 反対側もゆっくり倒します

これを10~15回行うと背骨が動き首のカーブが整ってきます。ゆっくり時間をかけて倒すのがポイントです。

ただし、自作のバスタオル枕は牽引力が低いので、専門に作られた整体枕や矯正枕とは機能性がまったく異なります。効き目はかなり劣る点ので、できれば専門の枕の使用をおすすめします。

枕で本当にストレートネックは治るのか?

整体枕や矯正枕は寝ている間の姿勢矯正として大きな助けになります。しかし、ストレートネックは寝ている間だけでなく起きている間にこそ気遣いが必要になります。ストレッチも取り入れて首の症状を改善していきましょう。

良い矯正枕と悪い矯正枕について

ストレートネックを治すための「矯正枕」には、不眠症の改善のほか、首から肩にかけての負担を減らしたり、ストレートネックに自然な弯曲を与えるなどさまざまな効果が期待できます。

良い矯正枕とは?

矯正枕にはさまざまな種類があり、適度に厚みを持たせたものから薄いもの、S字にカーブしているものなど、さまざまな形状のものがあります。

一般的なストレートネック用の矯正枕は、首の後ろに自然な弯曲を出すために、首の後ろに盛り上がり部分が当たるような形になっています。

ただし、一般的な矯正枕は長時間の使用によって首に大きな負担をかけるおそれがあるため、使用時間は10分~30分程度が限度となります。

長時間の睡眠用に作られている矯正枕の場合、長時間の使用によって首に血流障害が起きるリスクを考慮して、通常のストレートネック矯正枕よりもなめらかなカーブに仕上げられています。

理想的な矯正枕は、頭を預けた時に肩にかけて段差が開きすぎないものです。枕の中には、自分好みの高さに調節できるものや、横向きに眠る姿勢に特化したものなどもあります。

最近では、肩から上の状態に合わせたオーダーメイド枕も販売されています。こちらは店頭で直接採寸を行って、頭を預けて寝心地を確かめながら作る枕で、ストレートネックの問題にも対応してもらえます。

通常の枕は柔らかく、頭が沈みこんでしまったり、長時間横になっているうちに体がアンバランスになるといった問題があります。

柔らかすぎる枕は知らないうちに体に負担がかかるため、ストレートネックの悪化につながるだけでなく、うつぶせで寝てしまったり、途中で目覚めてしまうといった問題もあります。

そこで、クッション性のある綿を使い、筋肉の緊張を抑えてリラックス状態をつくりだす枕などもストレートネックに効果的です。

良くない矯正枕とは?

矯正枕にはさまざまな素材や形状のものがあります。最先端の技術によって作られていても、自分の首や肩の高さに合わない場合もありますので、首から上をしっかりと休ませられるものを選ぶようにしてください。

いつまでも肩こりが治らない、あるいはストレートネックが悪化するといった症状がみられる場合は、使用中の枕が合っていないことになります。

安眠が妨げられたり、首や頭の位置がずれる、違和感を感じるという場合にも、枕が正しい位置に収まっていない可能性がありますので、自分の体に合った枕を選び直す必要があります。

矯正枕の中には、適度な厚みを持たせたものなどもありますが、高すぎる枕は肩こりを招く可能性があります。

また、リラックス効果を得るために柔らかい素材を使用している枕についても、首や頭の安定感を損ねるおそれがあるため、枕がないものと同じ状態になり、首の筋肉が縮まり、血行不良を引き起こす可能性があります。

このような枕はストレートネックの悪化のほかにも、頭痛や肩こり、鬱々とした気分などを招きやすく、翌朝の目覚めの質にも影響します。

矯正枕はインターネットからでも購入できますが、自分の体に必ずしもフィットするとは限らないため、実物を見て、頭を預けたり横になるなどして、確認をしてから購入すると安心です。

また、枕が低すぎるのも、ストレートネックにとっては良くありません。心臓よりも頭が低い位置にくると、頭に血がのぼるため眠りが浅くなりやすいと言われています。目が覚めた時、頭が重たく感じたり、気分が晴れないといった不快な症状につながります。

ストレートネックには、首元への適度な盛り上がりを残しつつも、厚すぎず薄すぎない程度の枕が効果的です。首に緊張感が走ったり、頭がぐらつくような枕は、長時間の使用に向いていないため注意が必要です。

効果的な矯正法はどれ?ストレートネックに悩む方々の体験談

ストレートネックの治し方にまつわるウソ・ホント

悪いのは姿勢だけ?ストレートネックの原因に迫る

1分でわかる!ストレートネックのセルフチェック

ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

詳しく見る

Copyright (C)ストレートネック改善ラボ All Rights Reserved.