ストレートネック改善ラボ

不調の根本原因?「ストレートネック」を改善するには

TOP » ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

ストレートネックは首のこりや痛みだけでなく全身のあらゆる器官に不調をもたらします。ストレートネックによって起こり得る症状リスト、適切な改善方法をご紹介します。

ストレートネックが招く症状を改善させるには

ストレートネックは首の生理的なカーブが失われ、まっすぐになった状態です。スマホやパソコン操作など、頭から腕まで固定されたうつむき姿勢になることが原因とされ、全身の様々な器官に悪影響を及ぼすことが分かっています。

ストレートネックが引き起こす症状は、首や肩のこり、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴りなど様々ありますが、これらの不調を自覚して病院に行っても「症状」を改善させるための治療を行うに過ぎません。一時的に楽になってもまた再発してしまう可能性が高く、ストレートネックを改善しない限り根本的な解決は期待できないのです。

とはいえ、ストレートネックは頭痛や吐き気などの症状との因果関係が証明されていないため、レントゲン撮影などでストレートネックが認められたとしても、治療までは介入できないのが実情です。また、接骨院や整体院では理学療法を提供していますが、定期的に通い続けるのが難しいという懸念があります。そのため、現時点では日頃から自分自身で対策をとっていくしか方法がありません。

本サイトでは、ストレートネック改善のために効果を発揮した方法を試して掲載していますので、ストレートネックにお悩みの方はぜひご参照ください。

ストレートネック改善するための4つの方法を見る>>

以下では、ストレートネックの症状について説明しています。自身がストレートネックかどうかの判断も合わせて、ぜひご参照ください。

ストレートネックがもたらす症状リスト

TVや雑誌、書籍を通じて、多くの医師・専門家から警鐘を鳴らされているストレートネック。順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏はその著書『快眠したければ「首」を緩めなさい』の中で、ストレートネックの改善こそが質の良い睡眠を促し、慢性的な疲労や精神的なストレスから忙しい現代人を守ることを伝えています。そんなストレートネックを放っておくとどうなるのか?以下にその症状をまとめました。

頭痛

いくつかある頭痛の種類のうち、慢性頭痛と呼ばれる継続型の頭痛には片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3種類に分けることができます。

このうち、同じ姿勢を繰り返すことによって筋肉が緊張する緊張型頭痛が全体の78%を占めています。

緊張型頭痛は鈍痛や圧迫感、牽引感などの不快感をともなうことがあります。[1]

[1]

出典:24.頭痛:脳神経外科で使用する疾患別説明書一覧

ストレートネックと頭痛の関係を見る>>

眼精疲労

眼精疲労は医学的には疲れ目とは区別されて考えられています。

休憩によって回復する疲れ目に対して、眼精疲労には目の痛みやかすみが出現したり、頭痛を伴ったりすることがあります。眼精疲労が進行するとうつ状態やイライラにつながるおそれも。[2]

[2]

出典:大正製薬ダイレクト:大正製薬ダイレクト

ストレートネックと眼精疲労の関係を見る>>

顎関節症

額関節用は顎がカクカクする、音が鳴る、口を開けたときに痛みが走る、といった症状が特徴的。

軽度のうちは自覚に乏しいため、知らずに進行していることもあります。重度になると日常生活に支障をきたすこともあります。[3]

[3]

出典:998 顎関節症患者を姿勢コントロールからアプローチした一症例:骨・関節系理学療法27

ストレートネックと顎関節症の関係を見る>>

頸椎症

頚椎症は背骨においてクッションとなっている椎間板や、背骨をつなぐ関節が変形して起こる病気です。頸椎が変形し神経が圧迫されて、肩や首の痛み、腕や手指などにしびれや痛みをきたします。[4]

[4]

出典:整形外科シリーズ12 頚椎症:社団法人 日本整形外科学会

ストレートネックと頚椎症の関係を見る>>

肩こり

肩こりは肩まわりの筋肉が疲労することで起こります。パソコンやスマホを扱う、運転で長時間同じ姿勢を続けるなどによって筋肉疲労が起き、筋肉の中に流れている血管が圧迫されて神経に栄養が行き届きにくくなり、痛みやコリが現れます。

肩こりが進行すると筋肉の動きを司る脳の「大脳基底核」が筋肉の収縮状態を記憶してしまい、肩こりが慢性化するとされています。[5]

[5]

出典:わかりやすい病気のはなしシリーズ47 肩こり:一般社団法人 日本臨床内科医会

ストレートネックと肩こりの関係を見る>>

腰痛

腰痛は腰の使いすぎや加齢など原因に諸説ありますが、体にかかる負担や体の歪みが腰痛における有力な原因とされています。

二足歩行を行う人間は、常に垂直の方向に体重がかかるため、腰が上半身を支え続けることで負担がかかりやすくなっています。

そのため、姿勢のクセやひずみ、反動などによって骨盤に負担が増大し、腰を支える周囲の筋肉が疲労を起こして、腰痛を発症すると考えられています。[6]

[6]

出典:わかりやすい病気のはなしシリーズ45 腰痛:一般社団法人 日本臨床内科医会

ストレートネックと腰痛の関係を見る>>

めまい

めまいは体のバランスを保つ機能に何らかのトラブルが起きている状態を指します。

めまいが続くと病気を疑いたくなりますが、メンタルに不安を抱えることでさらに症状が悪化する可能性も示唆されています。

めまいで病院を受診する場合、三半規管や脳機能などを中心に検査を行うことで、病状を把握しやすくなります。[7]

[7]

出典:めまいの診断と治療:めまいの診断と治療

ストレートネックとめまいの関係を見る>>

耳鳴り

耳鳴りは、実際には聞こえるはずのない音が聞こえている状態です。

子どもから大人まで多くの人が経験する一般的なトラブルですが、自覚症状の一つであるため、客観的評価が難しく、日常生活に支障をきたす場合はすぐに専門医を受診するようにしましょう。[8]

[8]

出典:耳鳴治療のエビデンス:耳鳴治療のエビデンス

ストレートネックと耳鳴りの関係を見る>>

吐き気

吐き気は、自律神経が脳に作用して嘔吐信号を出すことによって起こるものです。感染症や薬物による化学的原因や消化器系の異常を原因とするものなど、原因には諸説あります。

自律神経の乱れなども吐き気の原因とされており、脳に誤った信号を送ることによって吐き気が引き起こされます。[9]

[9]

出典:嘔気・嘔吐:高知医療センター

ストレートネックと吐き気の関係を見る>>

しびれ

手足のしびれは、体の末端である手足にピリピリとした感覚を生じる状態です。神経経路に何らかの障害が起きている場合にしびれとなって現れますが、原因は人によりさまざま。

なかには糖尿病や椎間板ヘルニア、脳卒中などの深刻な病気が隠れている場合もあります。[10]

[10]

出典:しびれ・感覚障害:日本大学医学会 - 日大医学雑誌

ストレートネックと手足のしびれの関係を見る>>

自律神経失調症

自律神経失調症は、慢性的な疲れやだるさ、頭痛や腹痛などの身体的症状、不眠症などのトラブルが起きる状態です。

全身をコントロールしている自律神経が乱れることで症状が引き起こされるため、一度に複数の症状が現れるケースも珍しくありません。[11]

[11]

出典:わかりやすい病気のはなしシリーズ19 自律神経失調症:一般社団法人 日本臨床内科医会

ストレートネックと自律神経失調症の関係を見る>>

逆流性食道炎

逆流性食道炎は、胃で消化されている食べ物とともに、強酸性の胃液が逆流して食道に炎症をきたすものです。

強い胸やけや胸の痛みが主な症状ですが、胃液の逆流によって酸っぱさが口に広がる、または口内炎やのどの痛みが現れる人もいます。また、咳やげっぷ、喘息などが現れる場合もあります。[12]

[12]

出典:わかりやすい病気のはなしシリーズ46 食道の不快な症状 ~胃食道逆流症のはなし~:一般社団法人 日本臨床内科医会

ストレートネックと逆流性食道炎の関係を見る>>

日常生活の中での症状改善方法

ストレートネック(スマホ首)は普段の姿勢のクセや首への負担などから起こりやすいトラブルです。

ストレートネック(スマホ首)を放置していると肩こりや吐き気など、さまざまな全身症状が現れやすくなると言われています。

ここではストレートネック(スマホ首)を解消するための方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

姿勢を改善する

姿勢が悪い場合は、まず姿勢を真っ直ぐにすることから始めましょう。猫背になりがちな方は腰から背中を真っ直ぐにするように心掛け、前かがみにならないように立ち、歩くことを意識してみてください。[1]

デスクワークなど、長時間椅子に座る場合は特に注意が必要です。パソコンと体の高さを調節し、ディスプレイの位置を見直しながら、前かがみにならないような体勢で作業を行いましょう。

ストレッチを行う

ストレートネック(スマホ首)首にはストレッチも効果的です。ただし強く負荷をかけると筋肉が緊張してしまうので、無理のない範囲で行うことがポイントです。

まず、右腕を前回ししながら左腕を後回しします。1分間行った後は、逆回しでさらに1分行います。左右の腕を回すことで、マッサージを30分受けた時と同じ程度の血流改善効果が期待できると言われています。

次に、頭の重みだけで首を前に傾け、鎖骨にあごを近づけます。その後頭の重みだけで首を反らせ、天井に顔を向けます。これを3回繰り返すだけでリンパの流れが良くなり、ストレートネック(スマホ首)の解消につながります。

全身浴をして首を温める

首や肩などはコリやすいので、動きを良くするためには「温める」のが効果的です。

毎日のお風呂はシャワーではなく、全身浴をするように心掛けましょう。湯船に浸かったらアゴまで入浴し、しっかりと全身を温めます。

ただし全身浴はのぼせやすいので、39度程度のぬるめのお湯がベストです。10分から20分程度しっかりと浸かって、リラックスしながら入るのが効果的です。半身浴はかえって体を冷やしてしまうため、必ずアゴまで浸かるようにしてください。

高血圧、心臓に疾患のある方は長湯に注意。10分程度浸かったら上がるようにしてください。入浴後、洗髪などで椅子に腰かける際には、低い椅子に座らないように注意しましょう。壁にもたれたり、立った姿勢で体を洗うなどして、首や肩が曲がらないようにします。

また、入浴後の湯冷めにも注意が必要です。髪はドライヤーですばやく乾かし、頭皮からの湯冷めを防ぎましょう。できるだけ体が温まった状態で服を着用するようにしてください。

スマートフォンや携帯は正面で見る

スマートフォンや携帯を見ている時は前かがみになりやすく、この姿勢だけでもストレートネック(スマホ首)になりやすいと言われています。

改善方法としては、携帯の画面を顔の位置まで持ってくるだけでOK。長時間画面を見る際には、ワキの下に小さめのタオルを挟んでおくと良いでしょう。

あお向けで寝る

高い枕は首や肩に緊張を与え、ストレートネック(スマホ首)の原因になります。枕は高いものを選ばずに、首や頭の高さに合ったものを使い、必ずあお向けで眠るようにしましょう。

バッグを片側にかけない(リュックサックを使う)

ショルダーバッグなど、重いものを持ち運ぶ際に片側にかける習慣があると、ストレートネック(スマホ首)を悪化させてしまう原因になります。

手さげ、ショルダーバッグなどは左右交互に持ち替え、一方に負担がないように注意してみてください。長時間バッグや荷物を持ち運ぶ際にはこまめに持ち替えて、負担を軽減してあげましょう。

リュックサックの場合は両肩に均等に重さが乗るので、左右を切り替える必要がなく便利です。

ストレートネック対策グッズ

それでは、ストレートネックを改善するためにはどのようなグッズがあるのでしょうか。代表的なものを4つご紹介します。

ストレッチ枕

ストレッチ枕とは、使用していつものように眠るだけで、ストレートネックを自然に改善してくれるという枕のことです。枕の形や素材を工夫することによって、理想的な頸椎の形を維持しながら眠ることができます。

様々な種類のものが発売されており、かなり広めの面積を持っていて、肩甲骨の開きまでカバーするタイプや、首の部分を固めにした頸椎の矯正に特化したタイプなどが多いようです。

また、ストレッチ枕を使えば理想的な寝姿になるため、いびきの改善や首元のシワ予防などの効果も兼ね備えていると言われています。

使用しながら眠るだけで首のストレッチ効果が期待できるため、手軽にストレートネック対策が実践できる手軽さが人気のストレッチ枕。日常の生活の中で特に意識しなくても、ストレートネックを改善していくことが可能なアイテムです。

首用サポーター

首用サポーターは、クッション素材でできているサポーターを首に巻いて、ストレートネックを改善していくというものです。首がむち打ちになった際に病院からサポーターを出されますが、外観的にはそのイメージと近くなります。

ネックサポーターを巻くことで、首をまっすぐに保つことができるようになるだけでなく、頭の重さを支えるサポート役にもなってくれます。

首用サポーターを付けていれば、スマートフォンやパソコンを使用していても、前かがみの姿勢になることができなくなるため、自然と理想的な頸椎の形を保てるようになるでしょう。

様々な商品がありますが、リーズナブルな価格で手に入るものが多く、コンパクトなので場所も取りません。ただし、オフィスなどで使用する場合は、見た目が目立つという点が難点になるかもしれません。

磁気ネックレス

磁気ネックレスはかなり以前から販売されており、ネックレスをつけるだけで肩こりが改善すると、根強い人気を誇るアイテムです。

磁気ネックレスの中には、「磁気」を発する素材が入っており、その磁気の効果によって首元と肩の筋肉の緊張をほぐし、血行を改善します。スマートフォンやパソコンの長時間の使用で固まってしまった筋肉を、正常な状態に戻すという効果が期待できるのです。

磁気は医療機関の治療でも用いられているものなので、医学的な効果が期待できる商品も多く存在します。ただし、磁気ネックレスは「肩や首のこり」を改善するものであって、「ストレートネック」を改善するものではありません。

歪んでしまった頸椎が磁気ネックレスで矯正されることはないので、他の矯正法を実践しながら、首や肩のこりを改善するために併用するのがベストな使い方でしょう。

ネックマッサージャー

ネックマッサージャーは、少し高めの枕のような形をしていて、その上に首を乗せて頸椎の矯正をするアイテムです。また、内部に電動のマッサージャーが入っていて、首元のマッサージも同時に行ってくれます。

首を乗せて頸椎の矯正をすると言う点では、ストレッチ枕と同様ですが、ネックマッサージャーは眠るときに使うものではありません。1日の中の短時間だけ使用することで、ストレッチとマッサージの効果を得るという目的の商品です。

ネックマッサージャーの主な効果は2つあります。

まず1つ目は、マッサージャーの傾斜によって首を自然にけん引して、理想的な頸椎の形に矯正する効果。もう1つは、電動のマッサージャーで首元の筋肉をほぐし、血行を促進させて肩や首のこりを改善する効果です。ストレートネックの改善と、それによる肩や首のこりを同時に改善する効果を持ち合わせています。

姿勢改善や肩こり、首こりを改善するためのグッズは、このように様々なタイプのものがあります。いずれも、使い方や使い心地、効果も異なってくるため、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。

ですが、これらのグッズの他にも、ストレートネックの改善を目的とした商品はたくさん存在します。

次のページでは、こちらでご紹介した以外のグッズや方法を使用して、ストレートネック改善を1週間試してみた実践レポートをご紹介しているので、効果の参考にぜひご覧ください。

効果的な矯正法はどれ?ストレートネックに悩む方々の体験談

ストレートネックの治し方にまつわるウソ・ホント

悪いのは姿勢だけ?ストレートネックの原因に迫る

1分でわかる!ストレートネックのセルフチェック

ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

詳しく見る

Copyright (C)ストレートネック改善ラボ All Rights Reserved.