ストレートネック改善ラボ

不調の根本原因?「ストレートネック」を改善するには

TOP » ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ » 眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労はパソコンやスマートフォンの操作が原因だと思われがちですが、疲れ目ではなくストレートネックによって起こることもあります。眼精疲労とストレートネックの関係を知り、不快な症状を適切に対処していきましょう。

ストレートネックと眼精疲労の関係性

電車でスマートフォンをいじっている人や、オフィスでパソコン操作をしている人の多くはうつむきがちで猫背の姿勢になっているはずです。前かがみの姿勢が続くと頭だけが付きだした状態になり、首が傾いて頭を支える筋肉が固まってストレートネックの症状が現れるようになります。さらに進行すると固まった筋肉が視神経を圧迫し、目を使っていなくても眼精疲労の症状を引き起こしやすくなってしまいます。

眼精疲労の原因は視力や老眼などの疾患によるものや、パソコンやスマートフォンなどで目を酷使することで起こるもの、ストレスによって生じるものもあります。このうち、ストレートネックが関わっているのがパソコンやスマートフォンの操作による眼精疲労です。

眼精疲労は疲れ目と混同されがちですが、実は医学的には棲み分けされています。疲れ目が休憩によって回復するのに対して、眼精疲労は目の痛みや霞みが続き、さらに頭痛などの症状を伴う症状を指します。さらに進行するとうつやイライラを招くこともあるので早めの対策が必要です。

病院での眼精疲労治療法

眼科で行う眼精疲労の治療は、メガネやコンタクトレンズの度数の調整や、目の渇きや疲れ、緊張を防ぐ点眼液、遠くの景色を長時間眺めるのと同じ効果が得られる装置を使った治療などがあります。しかし、これらの治療は一時的に症状を和らげるための対症療法なので、ストレートネックが原因となる眼精疲労の場合にはあまり効果が期待できません。

まずはストレートネックの改善から

点眼薬を使っても眼精疲労が治らない人は、ストレートネックが関わっているかもしれません。治療だけに頼らず、ストレートネックの改善法も併せて取り入れてみることをおすすめします。

目ではなく首が原因だった?!ストレートネック改善法を見る>>

眼精疲労に効果的なストレッチ

目を長時間酷使すると、眼精疲労と呼ばれる疲れを招きやすくなります。

目が疲れたと思ったら、目の疲れに良いストレッチを行い、体をリラックスさせて目にかかるストレスを軽減し、緊張を解きほぐしてあげましょう。

パソコンや書類など、何かに集中するような作業には、10分程度の時間をとって行う目のストレッチが効果的です。疲れ目(眼精疲労)のほか、集中力アップにも役立ちます。

目のウインクストレッチ

片目もしくは両目で行うウインクの動作は、目の周りの筋肉をほぐして適度に刺激を与え、目をすっきりとさせてくれます。20回行う必要はなく、無理のない範囲で行いましょう。

1、左右の目を10回から20回ウインクする

2、スピードを速めて10回から20回ウインクする

3、10回から20回、ゆっくりとウインクする

4、10回から20回、目を強めにつぶる

5、両目を3回ほど同時に閉じて、ぱっと開く

ぐるぐる体操

目の動作をなめらかにしてくれるぐるぐる体操は、目が回らない程度に行うのがポイントです。目のふちを見るようにして行うことで集中力が高まります。

1、両目をゆっくりと右回りに2~3周回す

2、両目をゆっくりと左回りに2~3周回す

3、寄り目にして5秒キープし、元に戻してリラックスする

ストレートネックリセットエクササイズ

眼精疲労の原因になりやすい「ストレートネック」。デスクワークが多い人や、姿勢のクセが強い人に多くみられる症状です。

ストレートネックを治すエクササイズを取り入れて、肩から首にかけての負担を取り除き、緊張をほぐしてあげましょう。

1、肩甲骨の間の筋肉を緊張させるようにして胸を反ります。息を吐いて、首も後ろに反らしていきます。ここからゆっくりと元に戻す動作を5回ほど行います。

2、椅子に座ったまま、両手を上げて息を吐き、腕を後ろに反らします。椅子の後ろ(腰の位置)にタオルを挟むと効果的です。ゆっくりと元に戻す動作を5回ほど行います。

3、自宅など、横になれる環境では腰や背中のストレッチを加えましょう。うつぶせの状態から上半身を起こし、息を吐きながらお腹を伸ばすようにして背中を反らします。腰に痛みがある場合は加減してください。元に戻るまでの動作を5回ほど行います。

眼精疲労しないための生活習慣

眼精疲労は日常生活の中で予防することができます。パソコン作業など、集中力を発揮する仕事などは眼精疲労が進みやすいため、適度に休息を取るようにしましょう。

目を休ませる目安として、1時間の作業を行った後は15分程度の休みを取るようにします。15分連続で休めない場合は、適度にパソコン以外のものを見たり、別の作業を挟むなどして工夫しましょう。

身近でできる予防方法としては、目の乾燥を防ぐことが効果的です。目の乾きを予防するために、まばたきの回数を増やしたり、涙を出す、加湿器を置く、目薬をさす、風に直接当たらないといった方法が有効です。それでも目が疲れてしまったら、蒸しタオルなどを目の上に直接のせて休息しましょう。

パソコンなどの作業対象との距離は40cm以上話すようにしましょう。背中が曲がらないように椅子の位置や高さを調節します。見づらい場合はメガネなどで視力を矯正します。

職場での過重労働、自宅での睡眠不足は目に強いストレスを与えます。だらだらと起き続けたり、ゲームなどで目を酷使しないよう注意しましょう。ストレスの少ない生活を送りましょう。

食生活としては、うなぎや豚肉などビタミンA・ビタミンB群・ビタミンEを中心に目によい成分を摂取しましょう。抗酸化作用を持つブルーベリーなども目の神経に良いとされています。

効果的な矯正法はどれ?ストレートネックに悩む方々の体験談

ストレートネックの治し方にまつわるウソ・ホント

悪いのは姿勢だけ?ストレートネックの原因に迫る

1分でわかる!ストレートネックのセルフチェック

ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

詳しく見る

Copyright (C)ストレートネック改善ラボ All Rights Reserved.