ストレートネック改善ラボ

不調の根本原因?「ストレートネック」を改善するには

TOP » ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ » 頸椎症

頸椎症

 ストレートネックが原因により起こる頚椎症の特徴や、症状、対処法をご紹介します。

ストレートネックと頚椎症の関係性

ストレートネックが進行すると頭を支える頸椎に負担がかかり、骨や筋肉のほか、椎間板もむしばまれ、弾力が失われていきます。そのまま放っておくと頚椎症特有の症状である肩こり、首の痛み、手の痛み、しびれなどの症状が現れ、さらに進行すると脊椎を構成する椎骨も変形を起こし、我慢できないほどの痛みを伴うようになることもあります。また、尿や便の排泄がコントロールできなくなる膀胱直腸障害を併発するリスクも生じてしまうので、決して甘く見てはいけない病気です。

頚椎症は頸椎が変形する病気です。背骨をつなぐクッションの役目をしている椎間板や、背骨のつなぎ目の関節が変形することで起こります。変形した頸椎によって神経が圧迫され、慢性的な肩や首、腕、手指の痛みやしびれが生じます。

この頚椎症と深い関わりを持っているのがストレートネックです。それはストレートネックが重症化すると頚椎症を引き起こすことがあるからです。

病院での頚椎症治療法

頚椎症の治療は、保存療法と外科的手術がありますが、保存療法を選択するのが一般的です。保存療法には、さらに薬物療法と装具療法、ブロック注射、理学療法などがあります。薬物療法はおもに症状の緩和が目的で、炎症を抑えるステロイド剤や消炎鎮痛剤、神経痛やしびれを改善するビタミンB12製剤などを使います。ブロック注射と装具療法も同じく、症状の悪化を防ぐ対症療法です。

これらの保存療法により症状が改善されるケースが多いですが、完治するわけではなく痛みが再発することも少なくありません。

ストレートネック対策で頚椎症も一緒に予防を

頚椎症の治療は対症療法がメインなので、問題の解決にはなりません。根本改善するためには頸椎症と深い関わりを持つストレートネックを改善させる必要があります。病院の治療だけでなく、ストレートネックの改善も積極的に行っていきましょう。

ストレートネックが重病に?改善方法を試してみた>>

頚椎症の自覚症状と発症の原因について

頚椎症は、首に通っている神経の管が狭まって起きる病気で、症状としては首のコリ、しびれや麻痺のほか、手足の動作が鈍くなる、脱力感、自律神経失調症、排泄機能の問題など、患者さんの状態や症状の進行度によりさまざまな症状が現れます。枕の高さが首に合っていないために首まわりが歪む、あるいは普段の姿勢のクセからくる体の歪み、ストレートネックなどに由来する場合もありますが、若い頃のケガが元で中高年期以降に頚椎症を発症するようなケースもみられます。

頚椎症の自覚症状と発症の原因について>>

ストレートネック改善法
早見表
改善法 ポイント 費用
費用をかけずに改善したい

お手軽方法

タオルストレッチ詳しくチェック 症状が軽い人向け 0円~
テニスボール療法詳しくチェック 200円~
費用をかけて本気で改善したい

寝具枕を探す

ネックフィット枕公式サイトをチェック 寝具の相性には個人差
あり。決して高価な製品がよく安価な製品が悪いわけではないため、いろいろ試すことが大切。
5,200円
RAKUNA整体枕公式サイトをチェック 12,800円
けんこう枕
(整体枕キュアレ)公式サイトをチェック
32,400円

専門的な矯正法

整体・カイロ
プラクティック詳しくチェック
ある程度長期間かけて通院する必要あり 1回6,000円前後
スローコア
(矯正プログラム)公式サイトをチェック
自宅で自分で本格的に矯正したい人向け 24,800円

効果的な矯正法はどれ?ストレートネックに悩む方々の体験談

ストレートネックの治し方にまつわるウソ・ホント

悪いのは姿勢だけ?ストレートネックの原因に迫る

1分でわかる!ストレートネックのセルフチェック

ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

詳しく見る

Copyright (C)ストレートネック改善ラボ All Rights Reserved.