ストレートネック改善ラボ

不調の根本原因?「ストレートネック」を改善するには

TOP » ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ » 自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症は生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスが影響していると思われがちですが、実はストレートネックが深く関わっています。ストレートネックと自律神経の関係、正しい対処法をまとめました。

ストレートネックと自律神経失調症の関係性

自律神経失調症は、検査で異常が見つからないにも関わらず、体のだるさ、不眠、疲れが取れないなどの身体症状や、頭痛、動機、息切れ、めまい、のぼせ、たちくらみ、冷えなどの器官症状が現れる疾患です[1]。ストレートネックの症状として代表的なものは、頭痛、肩こり、首の痛み、めまいなどと言われていますが、これらの症状は自律神経失調症の症状と一致するところが多くみられます[2]。

ストレートネックと自律神経失調症には深い関係があると考えられており、実際に自律神経失調症の症状に悩んでいる方には、多くの場合、ストレートネックの所見が認められています。

頸椎の異常は自律神経失調症やうつ病を引き起こす

実は、頸椎と自律神経の働きに関係があるということは、パソコンやスマートフォンが一般的になる以前から示唆されていました。この文献は、パソコンが普及し始める直前の1995年に発表されたものです。

ストレスによる頸椎変位、頸椎カーブの異常が増加の傾向にある。従って、登校拒否の児童や、うつ状態にかかる成人も少なくない。 自律神経失調症としか言い様の無いものが、頸椎に問題があり、しかも良導絡グラフのばらっきが多い症例をみて以来、頸椎の衛生の重要性を痛感し、手さぐりでその解決に努力を重ねた。

出典:日本良導絡自律神経学会『(PDF)頸椎の診断と治療』

うつ病や登校拒否も頸椎の異常によって起きるというのですから、自律神経失調症の症状が引き起こされても不思議ではありません。頸椎の異常によって自律神経失調症が起きる原因は、首の部分の交感神経が緊張し続けることで、脳に通じる神経路にまで影響を及ぼし、全身に症状が広がるとされています[3]。

病院での自律神経失調症治療法

自律神経失調症が認められた場合、多くは薬物療法によって治療を行います。薬は、自律神経を整える薬と精神不安を和らげる薬の二つに分かれます。例えば、精神依存ではない場合は自律神経の安定をはかる自律神経失調製剤を使いますし、ストレスやうつが伴う場合は精神安定剤が使われます。そのほか、ビタミン剤や、ホルモン剤、場合によっては漢方が選択されます。

自律神経失調症の改善方法

自律神経失調症を自分で改善していくためには、交感神経と副交感神経のバランスを取り、自律神経を整えることが大切です。自律神経を整えるケアは自宅でできることも多く、生活環境や生活習慣を改善することで症状の改善が期待できます。

まず、ストレスを溜め込むことは、自律神経に対して天敵です。ストレスを溜めないように、発散させる方法を見つける、眠る前にぬるめのお湯につかるなど、気持ちをリラックスさせるようにしましょう。また、睡眠習慣や食生活の改善も重要なポイントで、規則正しい時間に眠り、バランスの良い食生活を心がけてください。

自律神経のバランスを保つ上で、特に睡眠は大切な要素だといわれています。体内時計は視床下部にある「視交叉上核」によって調整されていますが、その体内時計の影響によって自律神経のバランスをも変化するといわれているからです。ノンレム睡眠中はリラックスを示す副交感神経が優位に働くので、睡眠環境を整えて、しっかりと深い眠りを取れるようにしましょう[4]。

ストレートネック対策を始めてみよう

自律神経失調症の治療では原因に応じた薬が処方されますが、ストレートネックの人は首の状態を改善しない限り、薬を飲み続けても解決には至りません。パソコンやスマホの操作でうつむき姿勢が多い人はストレートネックになっている可能性があるので、一度画像診断を受けてみてはいかがでしょうか。その上で、適切な対策を取れば自律神経失調症の症状も次第に改善していくはずです。

ストレートネック改善に効果的な方法はいくつかありますが、次のページでは、4つの改善方法を実際に試してみた結果を掲載しています。ご紹介している方法は、次の4つです。

首からくる自律神経失調症?ストレートネック改善方法を確認>>

スローコアエクササイズ

専用の枕を使用しながらエクササイズをすることで、首のカーブを取り戻し、筋肉と骨格を整えていく方法です。

けんこう枕

睡眠時に使う枕に、姿勢を改善する工夫を施したもの。眠っている間にストレートネック改善が行えるので、手軽に導入できます。

バスタオル首枕ストレッチ

ご家庭にあるバスタオルを枕にしながら、簡単なストレッチを行い、首のカーブを正常に整えます。

テニスボール療法

テニスボールを2個くっつけたものを作り、仰向けになった状態で首の下に置いて、ストレッチを行う方法です。

これらの方法について、ストレートネックの改善度、費用、体験した方からの感想などを掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

[1]

参考:厚生労働省e-ヘルスネット『自律神経失調症』

[2]

参考:総務省『コラムVol.39 使いすぎに注意!スマホの使用による健康への影響』

[3]

参考:一般社団法人 日本農村医学会『(PDF)頚性めまいの重要性』

[4]

参考:日本神経学会『(PDF)睡眠と自律神経機能:パーキンソン病関連疾患の睡眠関連』

効果的な矯正法はどれ?ストレートネックに悩む方々の体験談

ストレートネックの治し方にまつわるウソ・ホント

悪いのは姿勢だけ?ストレートネックの原因に迫る

1分でわかる!ストレートネックのセルフチェック

ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

詳しく見る

Copyright (C)ストレートネック改善ラボ All Rights Reserved.