ストレートネック改善ラボ

不調の根本原因?「ストレートネック」を改善するには

TOP » ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ » 頭痛

頭痛

 ストレートネックがもたらす症状の一つ「頭痛」について、その因果関係と発症のメカニズム、解決法を分かりやすく解説します。

ストレートネックと頭痛の関係性

通常、頭を支える首の骨は、一か所に負担がかからないようカーブになっていて、負担を分散しています。ところが、首の骨がまっすぐの状態になると首の負担が増えて、骨の周りにある筋肉が収縮して固まってしまいます。筋肉が収縮すると血管や神経が圧迫されて血流が悪化し、頭に十分な血液が行き渡らなくなるため、頭痛が起こってしまうのです。実際に、頭痛で脳神経外科を受診した患者さんが画像検査をすると、多くの人にストレートネックの所見が認められ、ストレートネックが頭痛を誘発する要因の一つであることが分かっています。

頭痛にはいくつかの種類があり、痛みの現れ方や頻度によって分類されています。このうち80%を占めるのが原因の特定されにくい慢性頭痛です。ズキズキと波打つようなこめかみの痛み、頭全体が締めつけられるような痛みなど、ときには日常生活に支障をきたすまでの強い痛みに悩まされることもあります。

慢性頭痛は様々な要因が絡み合っていることが多いのですが、原因の一つとして挙げられているのがストレートネックです。ストレートネックは頸椎の湾曲度が通常よりも乏しく30度以下になっている状態で、かんたんに言うと首の骨がまっすぐになっている状態です。

病院での頭痛治療法

頭痛治療では症状を和らげる消炎鎮痛剤が処方されます。薬を服用することで日常生活が過ごしやすくなりますが、あくまで「症状を抑える」ものなので根本的な解決法とは言えません。また、毎日のように続く頭痛には鎮痛薬の効果が期待できず、さらに鎮痛剤を飲み続けると薬物の摂取過多による薬物乱用頭痛が起こる危険もあるため、1週間に2~3日以上の使用は避けるべきだと推奨されています。

頭痛の鎮痛剤とともに筋肉の収縮を弱める筋弛緩剤が処方される場合もありますが、こちらも同様に一時的に痛みを和らげることはできても頭痛そのものを防ぐ対策にはなりません。

ストレートネックの改善が根本解決に

薬はあくまで一時的に症状を和らげるものなので、薬だけで痛みの悩みは解決できません。日頃から首や肩に負担がかからないように適度に体を動かすことを心掛け、ストレートネックを改善していきましょう。

ストレートネックの効果的な改善法とは?今すぐ確認する>>

吐き気などの症状と治療法

ストレートネックとはレントゲンを撮影した際に首の骨の配列が直線(まっすぐ)になる事で、頚椎の生理的前彎の消失と呼ばれています。[1]

ストレートネックは現代人に多いトラブルとも言われており、本来頸椎は自然に弯曲していますが、長時間デスクワークを行ったり、姿勢のクセなどがあると、弯曲が消失してしまい、顔が前に突き出すストレートネックになります。

ストレートネックになると、首の後ろ側や肩甲骨周辺の筋肉に緊張が走り、首を支えようとします。ここで肩こりや首のこり、頭痛、吐き気などさまざまな症状が現れます。

研究によると頭を前に傾ける角度が深くなるにつれて、首に強い負荷がかかることが分かっています。

角度が0度の場合は頭の重さのみ(4kgから5kg程度)となりますが、15度傾けると12kg、30度で18kgもの力がかかります。45度になると22kgとなり、20kgを超える重みが肩や首にかかることになります。

スマートフォンやタブレット、本など手元に集中するために頭を傾けると、首の筋肉に大きな負担をかけるため、頸椎のほか神経を圧迫します。

人間の体の中には自律神経である交感神経が通っており、神経を圧迫することでストレスがかかるため、頭痛のほかにめまいや吐き気、疲労感などの原因となります。

吐き気だけが単独で現れるというよりも、交感神経が優位になることによるさまざまな全身の不調が現れます。その結果として吐き気を感じる場合があります。

姿勢のクセが強く、背中が丸まって肩が体の内側に丸まってしまうような「巻き肩」になると、胸や胃などの上半身の器官も圧迫されるため、吐き気などのほか、肋骨の可動機能が低下するため呼吸がしづらくなるという特徴があります。

ストレートネックは姿勢の悪さに直結するため、体内に取り込む酸素の量が減り、血行が悪くなります。その影響によって、疲れやだるさが出たり、吐き気を助長させる「胸焼け」「逆流性食道炎」を招く可能性も。

ストレートネックの治療法

ストレートネックは病名ではなく、頸椎がまっすぐになった状態を指す言葉です。

病気ではないので自分で改善することができますが、治療法としてはレントゲンでストレートネックの状態を確認し、正式に「頚椎の生理的前彎の消失」が認めなければなりません。

弯曲が消失していると認められたら、原因となっている頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症の有無を確認するため、MRIの撮影を行います。

基本的に、ストレートネックの治療は対症療法となります。患部に痛みが出ていれば消炎鎮痛剤や外用薬を使用し、アイシングなどで疼痛の治療を行いながら経過を診ます。症状が鎮まってから、首から肩にかけての筋緊張を緩和するためのリハビリを行います。

筋肉に緊張が走っており痛みや張りがある場合は、筋肉を緩めるための薬を服用したり、理学療法士や鍼灸マッサージ師による専門的な施術が行われます。

筋肉をほぐすためには手わざによる施術のほか、電気療法による血行促進なども行われます。いずれも対症療法が目的の治療となります。

痛みが非常に強い場合には頸部カラーによる固定も有効ですが、ストレートネックは装具で治すものではなく、生活習慣や姿勢のクセを改善することがポイントになります。

立つ、座るといった基本的な姿勢を正し、長時間同一の姿勢で居続けないように注意します。また、必要に応じて腰や背筋のストレッチ、腹筋などを鍛えるなどして、正しい姿勢が取れるように心掛けるようにします。

ただし、正しい姿勢を意識してあごを引きすぎると、首の弯曲が逆になってしまい「頸椎後弯症」になる可能性があるため、首や肩に負担をかけすぎない姿勢を意識する必要があります。

効果的な矯正法はどれ?ストレートネックに悩む方々の体験談

ストレートネックの治し方にまつわるウソ・ホント

悪いのは姿勢だけ?ストレートネックの原因に迫る

1分でわかる!ストレートネックのセルフチェック

ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

詳しく見る

Copyright (C)ストレートネック改善ラボ All Rights Reserved.