ストレートネック改善ラボ

不調の根本原因?「ストレートネック」を改善するには

TOP » ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ » めまい

めまい

 ストレートネックがもたらすめまいへの悪影響を解説。ストレートネックによってめまいを起こす原因や改善方法をまとめました。

ストレートネックとめまいの関係性

ストレートネックは、本来カーブを描いているはずの頸椎が真っすぐになっている状態で、首に大きな負担がかかっています。その負担を補うために筋肉が収縮し、血管が圧迫して血行不良を起こしてしまいます。同時に首に集中する神経も圧迫され、めまいや吐き気の症状を引き起こします。

めまいは体のバランスを保つ機能にトラブルが起こっている状態です。厚生労働省の調査によると日本では約240万人がめまいの悩みを持っていると報告されています。めまいが続くと誰でも不安になり、深刻な病気を疑い、精神的に不安定な状態になって症状が悪化することも少なくありません。しかし、実際はめまいで病院を受診して検査をしても、異常が見られないケースがほとんどです。

めまいの原因はおもに3つあり、脳梗塞の初期症状として起こり得る「脳からのめまい」と、メニエール病などの内耳障害による「耳からのめまい」と、うつ状態、体の歪みなどによる「自律神経の乱れによるめまい」に分かれています。このうち大半が自律神経の乱れによって生じる一過性のめまいです。この、自律神経の乱れによるめまいと関わっているのがストレートネックです。

ストレートネックは、パソコンやスマホ、ゲームの操作などでうつむき姿勢が多い人に起こりやすく、めまいのみならず吐き気、頭痛、腰痛など様々な症状を伴います。さらに悪化すると手足のしびれや歩行困難に繋がる危険もあるので、甘く見るのは禁物です。

病院でのめまい治療法

めまいの治療は原因により異なります。大半は一過性のものですが、稀に脳梗塞や脳出血に起因するめまいであることもあります。あまりにも長くめまいが続く場合は脳神経外科を受診しましょう。検査の上、病変が見当たらない場合はめまいを抑える薬や吐き気や嘔吐を抑える薬、不安を和らげる薬を使って症状の緩和を目指します。

病院で異常が見られない場合はストレートネック対策を始めてみよう

医療機関を受診して脳や耳によるめまいではなかった場合は、ストレートネックが原因である可能性があります。内服薬による対症療法に依存するのではなくストレートネックの改善法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ストレートネック改善法
早見表
改善法 ポイント 費用
費用をかけずに改善したい

お手軽方法

タオルストレッチ詳しくチェック 症状が軽い人向け 0円~
テニスボール療法詳しくチェック 200円~
費用をかけて本気で改善したい

寝具枕を探す

ネックフィット枕公式サイトをチェック 寝具の相性には個人差
あり。決して高価な製品がよく安価な製品が悪いわけではないため、いろいろ試すことが大切。
5,200円
RAKUNA整体枕公式サイトをチェック 12,800円
けんこう枕
(整体枕キュアレ)公式サイトをチェック
32,400円

専門的な矯正法

整体・カイロ
プラクティック詳しくチェック
ある程度長期間かけて通院する必要あり 1回6,000円前後
スローコア
(矯正プログラム)公式サイトをチェック
自宅で自分で本格的に矯正したい人向け 24,800円

効果的な矯正法はどれ?ストレートネックに悩む方々の体験談

ストレートネックの治し方にまつわるウソ・ホント

悪いのは姿勢だけ?ストレートネックの原因に迫る

1分でわかる!ストレートネックのセルフチェック

ストレートネックがもたらす症状と改善策まとめ

詳しく見る

Copyright (C)ストレートネック改善ラボ All Rights Reserved.